無料査定│査定フォームはこちら

売却物件大募集! 無料査定・秘密厳守

全国800店舗のセンチュリー21不動産ネットワークが早期売却をサポートいたします。

お客様よりご依頼いただいた売却物件は、弊社ホームページによる情報公開、数多くの不動産ネット情報への情報掲載、地域の紙面広告への情報掲載など、幅広く物件情報を掲載し、地元に詳しい営業担当者が広告活動を行います。もちろんお客様のご都合に合った売却方法もご相談した上でご提案いたします。

売却の流れ|住まいを売却される場合

  1. 1:売却のご相談|お客様のご希望にそえる売却のために
  2. 2:売却物件の調査|より安心して売却できるように
  3. 3:売却条件のご相談|より早く、高く売却できるように
  4. 4:売却のための媒介契約|売却活動開始のため書類での確認
  5. 5:売却活動|より多くの買主と会える活動
  6. 6:購入予定者の決定|より良い条件で安心の買主の選定
  7. 7:売買契約の締結|より安全な取引のため
  8. 8:物件の引渡しと残代金受取|確実な代金の受領のために
  9. 9:アフターサービス|売却後のお客様の悩み解決のお手伝い

弊社では、住宅ローン債務の問題解決のサポートも行っております。

こんな問題を抱えておりませんか?

思いがけない事情でローン返済が困難であるにもかかわらず、早期の支払を迫られている。既に自宅を競売に申し立てられている。など…誰にも相談できずに一人で悩みを抱えていませんか?昨今、このような相談が急増してるのも事実です。

弊社では、未来に向け新たな生活を応援サポートしています。
現在の状況などをお伺いし、法律の専門家と共に問題解決に向け対応いたします。

例えば任意売却は競売とくらべ、圧倒的にメリットが高い事をご存知ですか?

任意売却とは

住宅ローンの支払いが困難になってしまった場合、不動産の所有者(債務者)と金融機関(債権者)との間で協議し、合意のもとに適正な価格にて売却を行う事を言います。

競売と任意売却の比較
  競売の場合 任意売却の場合
価格 転売を目的とする業者などが落札できるほどの価格で、市場価格と比較すると大幅に低くなる。 通常の売却扱いとなるため、市場価格と同等の価格で売却が可能となる。
残高 落札される価格が低い事から、多量の額が残高として残るのが通常。 落札価格より高い金額で売却ができるため、残高を減らす事が可能となる。
返済 残高の額が多量のため、返済期間は長期化する場合が通常。 返済期間は短期化が可能となる。
明渡し 強制執行や短期退去を迫られるのが通常。 売買契約に従うため、計画的な明渡しが可能となる。
費用捻出 明渡しの際引っ越し費用などは出ない。 債権者との交渉により捻出可能な場合がある。
プライベート 入札予定者の現地及び近隣在住者への調査などにより、競売と知られる可能性は高い。 通常の売却物件と同様となるので、事情を知られる事が無く売却可能となる。
弊社では、「無料相談」「秘密厳守」にてご相談に応じております。一人で悩んでいても時間が経過するばかり。未来の新たな生活に向かうために、勇気を持ってご相談ください。

弊社担当者と共にお客様の問題解決をサポートする専門家です。

弁護士 柴田 誠一
弁護士 柴田 誠一
柴田誠一法律事務所
建築・医療・相続などの民事事件を取り扱っています


弁護士 村越 仁
弁護士 村越 仁
小樽法律事務所
学生時代、毎年フェリーで訪れた小樽の魅力にひかれて、この地小樽で仕事をしています
弁護士 鷲見 悠
弁護士 鷲見 悠
関口正雄法律事務所




弁護士 龍山 聴
弁護士 龍山 聴
龍山法律事務所




司法書士 荒内 亮 林 正章
司法書士 荒内 亮 林 正章
林司法書士事務所
お客様にご納得いただけるまで、丁寧にご説明させていただきます